×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  Career Development  Career Design Progrum  
Career Design
キャリア開発   
キャリアデザイン





キャリアカウンセリング・キャリア理論3    Career Counseling  養成問題 


《   ジョン・D・ クルンボルツ krunmboltz  .J.D(1964年)   》社会学習理論

Q クルンボルツは 職業選択とキャリアデベロップメントに影響を与える要因を主に4つあげています、なんですか。   
     A 1先天的な資質 2環境条件や出来事 3学習経験 4課題へのアプローチスキル

Q  そのうち、自分では変えることができず、そのまま受け入れるしかないものはなんですか

   A 1先天的な資質 と2環境条件や出来事  

Q クルンボルツはキャリア・デベロップメント(C.D)はとどまるところのない(      )』であると言っています。何でしょう。

                                  A 学習プロセスの結果

Q 学習経験を2つあげなさい                  A 道具的学習経験 連合的学習経験


Q 
道具的学習経験の3段階とは何か   
             A(自分が経験して)先行子(
antecedents)の存在、本人の行為や行動、結果

Q その要因は                              A プラスの強化、マイナスの強化

Q 中立的だったできごとが特定の感情と結びついたときに起こるものは                        
                                                A 
連合的学習経験

Q CDACL(クライアント)の学習経験を計画するにはどうすればよいか   

                               A CLにプラスの強化を与え特定の職業分野へ興味を深めさせる

Q 課題へのアプローチスキルの意思決定モデルの7段階とは?          

          1解決すべき問題(選ぶべき選択肢)は何かを具体的な言葉で明確にする。  

          2行動計画をたてる     3価値観を明確にする

          4代替案を作る 5起こりうる結果を予測する  6情報収集  7行動を開始




クルンボルツ博士

Q Planned Happenstance Theory  プランド・ハプンスタンス・セオリー"計画された偶然論理 の5つのスキルとは

(1)好奇心Curiosity(探究心が強く)、(2)持続性Persistennce粘り強く、(3)柔軟性Flexibilityで、(4)楽観的Optimismで、(5)冒険心Risk-takingリスクテーキングを恐れない。

キャリアの8割は運で決まる

 



社会学習理論 social learnig Theory

@レスポンデント条件付け  梅干 パブロフ 

中性刺激、無条件刺激、無条件反射⇒条件刺激、条件反射   刺激般化

Aオペラント条件付け  ABC

先行子 いつどこでどのようなときに  行動 何をしたら 結果 どうなったか

正の強化、負の強化 正の罰、負の罰  消去 他反応分化強化

@   観察学習(デモリング) バンデュラ 社会的学習理論 



技法

1系統的脱感作                             恐ろしいと思う行動をリラックスした状態で練習

2モデリング                                他の人々が望ましい行動を取っているところを観察させる

3セルフコントロール法   クライアント自身が自己の行動を意図的に管理統制

 自己モニタリング                         自己の行動・特性を記録・観察する

 目標設定と意思決定プロセスに従って決定を行なう

4ガイドイメージ                           行動する正の結果を想像

キャリアカウンセリング・ドナルド・E・スーパー

キャリア理論1    Career Counseling  養成問題 

アセスメント練習問題 1 アセスメント練習問題 2
アセスメント練習問題 3 アセスメント練習問題 4
アセスメント練習問題 5






キャリア開発 」へ