×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  Career Development  Career Design Progrum  
Career Design
キャリア開発   
キャリアデザイン





キャリアカウンセリング・キャリア理論1    Career Counseling  養成問題 

ドナルド・E・スーパー  職業的発達理論

                          (1910〜94)

キャリアとは「人生のある年齢や場面の様々な役割の組み合わせである」と述べています。

Q 1953年米国心理学会で最初の理論を発表後1957年に出版したのは     キャリアの心理学The Psychology  of Careers

Q 晩年10カ国以上の様々な文化における広範な研究は             仕事の重要性研究(Work Importance Study

Q 仕事の価値観やキャリア選択を行なうスキルのレベルを何というか?               職業的成熟(maturity

Q 職業的成熟をスーパーのあと引き継いだのは誰                               クライツ

Q 刺激と反応(行動)との新しい結合関係を操作すること                           強化

自己概念self-conceptプラスの強化、マイナスの強化  数学テスト

Q 自己が知覚したもの、観察したもの、印象付けられた映像は                 自己認知self-percept

Q 自己認知が組織されたもの                                自己概念

Q 自己概念の形成過程 第一過程、    第二過程、     第三過程は

 乳児期 自己を独立した存在分化、 2,3歳 同性の親同一化、 職業名を伴う同一化 両親から本テレビの登場人物へ





Q 人を積極的に行動させる力、動機づけエネルギーは                    肯定的自己概念

Q 自己に自信がなく、自尊感情も低く、消極的で意欲が低い                 否定的自己概念

Q 現実によく合致した自己概念を何と言うか                        妥当な映像(adequate picture

Q 現実吟味reality testing の3段階は    1自己認知から自己概念形成 2実際の行動 3探索的な行動

Q キャリア成熟の因子モデルを提案したのは誰か                      クライツ

Q 個人は職業選択を通じて(      )を実現しようとする。              職業的自己概念

Q 仕事とは自分の(  )(  )(  )を表現するもの                  能力、興味、価値

Q 職業選択には(   )な自己概念が必要であり、周囲から与えられる(    )が重要である   肯定的 フィードバック

Q 長さとは                                   ライフステージ キャリアの段階

Q 幅とは                                    ライフロール  キャリアの役割

Q キャリア決定のアーチの左柱は                              個人のパーソナリティ

Q キャリア決定のアーチの右柱は                                    社会政策 

Q キャリア決定のアーチの上部に描かれているのは                    ライフキャリアレインボー





Q キャリア決定のアーチの内側は  外側は                個人特性  社会特性

Q ライフキャリアレインボー8つのライフロールとは 

息子娘、学生、職業人、配偶者、ホームメーカー、親、余暇を楽しむ人、市民

Q スーパーの「仕事の重要性研究」1987年で日本の成人男性の役割特徴は  仕事・趣味・レジャーが高く他は低い

Q スーパーの「仕事の重要性研究」1987年で日本の成人女性の役割特徴は  仕事の重要性が低く、趣味・レジャーが高い

Q 米国の男子の特徴は                                 仕事、勉強、家庭家族、

Q人生段階説の区分をあげよ5  成長期(0〜15)、探索期16-25確立期26-45、維持期46-65、下降期(引退期)66

Qスーパーは誰の人生段階説に従ったか                             ビューラー

Qスーパーの理論3つ以上   キャリアの心理学、ライフキャリアレインボー、キャリア決定のアーチ、仕事の重要性研究

《日本におけるスーパーの理論の適用》

Q仕事の重要性研究(Work Importance Study)は何を国際比較したものか   役割の重要性、職業の価値観

Q仕事の重要性研究は価値はいくつ                     14の労働価値

Qそれに用いられるツールは2つ。   役割特徴目録SI(The Salience Inventory)、職業価値尺度VSThe Values Scale20

QライフキャリアレインボーのうちにSIに含まれなかったものは             息子・娘、親。配偶者

キャリアカウンセリング・ドナルド・E・スーパー

キャリア理論1    Career Counseling  養成問題 

アセスメント練習問題 1 アセスメント練習問題 2
アセスメント練習問題 3 アセスメント練習問題 4
アセスメント練習問題 5






キャリア開発 」へ